発露

推しとわたしと愛憎喜劇

HANDSOME FESTIVAL 2016 全公演覚書 後編

 

HF2016DVDが発売される今日を迎えてしまいました……。
ASMART | チーム・ハンサム! CD・DVD 保存版DVD「HANDSOME FESTIVAL 2016」

 

HF2016まとめも漸く後編まで来ました。出来れば今日を迎える前にブログをアップしたかったです(小声) まさかの三部作になりましたが、こうして改めてまとめてみるとここまで密度も満足度も高いイベントってそう出会えるもんじゃないな〜とつくづく思います。ハンサムを好きになれた自分は本当にしあわせなヲタクです。
さて、ぶっちゃけあと数時間後にはDVDを手にする方が出てくると思うので、兎に角それまでに拙記事をアップすることを最低限の到達目標としてサクサク後編まとめていきます。 

今更ですが、DVDは追加公演のセトリなので、こちらでは本公演時のセトリに準拠して記載していきます。
※通し番号は前編から共通となっております。

HANDSOME FESTIVAL 2016 全公演覚書 前編 - 発露
HANDSOME FESTIVAL 2016 全公演覚書 きゅんファイ編 - 発露


=============


25.VTR【女子会Vの続き】
・みぞぐちたくこ圧倒的女子
・よちたく先輩ぺろいです…
・神木くんによる【君の名は】セルフ実写パロディ最and高and最高でした。


26.Festival Night
・水田→植原→青柳→平間のソロダンスリレーから始まる。これがもう超絶かっこいい。薄暗いステージの上でガシガシ踊ってアミュクラの心臓を鷲掴み、一気に会場の空気を作り上げるベテランハンサムチーム。イントロと4人のダンスとのシンクロ率が心地良く、観ているこちらも体が勝手に揺れてしまうほど。4人のターンが終了→パッと照明が灯ってチームハンサムが集結→本来のイントロが始まるっていうこの一連の流れがサイコーにかっこいい。このパフォーマンスを観るためにハンサムライブに来たんだなって軽率に感じてしまうくらいにはかっこいい。
・神木吉沢「♪夢の Festival Night」(1番Aメロ前)
ステージの最下手で歌い、そこからポジションまでスタスタ歩く2人。(周りのスラっとしたハンサムたちの影響でちまちまサイズにしか見えなくて可愛い。キメキメなのにちまちまで可愛い)
・1番Bメロ「♪揺れる腰つき」の振りがえっち。確か17昼公演で壮一くんに目を奪われて、ウワーーー壮一くんかっこいい〜!ってなってるうちに神木くんを見失い、ここの振りを見られず…。それから毎公演何故か他のハンサムに気を取られて神木くんの揺れる腰つきを見れない事案が多発し、ラストチャンスの追加公演で漸く拝めたのでした。
・2番サビのセンターはたっくん。たっくんがセンターに立つとすごく華があるし安心できる。ハンサムの中ではたっくんのダンスが一番すきです。
・大サビ手前「♪この瞬間は今しかないよ〜一つになろう oh yeah」の神木吉沢コンビが完成されすぎていた。重なった声の心地よさとか、歌い方の違いとか、ロングトーンから大サビに入る時のパフォーマンスの違いとか、でも2人とも射抜くように真っ直ぐ前を見据える目線とか、やっぱりはるたけを継ぐのはこの2人しか居ないなって再確認できた瞬間。

・大サビ「♪その心ごとチェックメイト yeah」のあと「♪ドキドキする 罠 kiss you」のタイミングでポジション移動。上手→下手に向かう神木くんと、下手→上手に向かう吉沢さん。すれ違いざまに吉沢さんが神木くんのお腹にするりと腕を回してナチュラルにボディータッチ。それに神木くんは片手を上げて応える(この時の神木くん、好青年が自分の想像するかっこいい仕草をやってみたもののキメきれないみたいな可愛さが溢れ出てる)。神木吉沢コンビ'16は一見すると神木くんが構って構って〜って吉沢さんに飛びついてるだけのように見えるのだけれど、吉沢さんも同じタイミングで振り返って同じだけ歩み寄ってくれてることが窺えた夢みたいな絡みでした。ハァア〜ちょっと前までなら本気で考えられないようなことが連続して起こった年だったなぁ。そしてこんな絡みがこの曲だけじゃなくて他のタイミングでも見れた訳だから本当に贅沢な年末だった…。神木吉沢コンビ'16は本当に大変革の年となりましたね。


27.THIS IS THE TIME
・既存の歌割もちょいちょい変わってた印象。
・大サビ「♪This is the Time to start〜今こそそうさ Let's go!」のセンターに立つ航壮コンビを2年越しに見ることができてぼろぼろ泣いた。安定の壮一くんに弱い我が涙腺…。SHL2014の亡霊はここで漸く成仏できました。
・ラスサビのセンターが推し(=神木)と推し(=桜田)と推しの相方兼推しの弟(=吉沢)で、ヲタクの夢が詰まった三角地帯が形成されてた。


28.BANG!
・イントロでの壮一くんの煽りがかっこよすぎて死にそうだった…壮一くんしゅき……脳みそ溶ける
・1番Aメロ2組目といえば歴史と伝統のドリタクパートですが、今年は5公演中一度も絡まずでした…今年もやるだろうと当然のように思っていたので、まさか2人の中に絡まないなんて選択肢があったことに衝撃を受けた……。
・2番Bメロといえば神木吉沢パートですが、こちらは毎度の如く特に絡まず前を見据えてパフォーマンスしてました。
・神木吉沢パート後、2人がサッとしゃがんでセンターに水田さんが君臨、からの水田ソロ「♪明日に放て」の水田さん爆イケサンキュー


29.MC【新人ハンサムのターン】
・新人ハンサム9名によるフリートーク+ハンサムバントのメンバー紹介のターン。
・多色変化サイリウムを客席のアミュクラ一同にカチカチさせてお遊びする新人ちゃんたち初々しい可愛い。
・ここでトークを回すのがね、おおたまチャンなんですよ。憧れ続けたハンサムの舞台に漸く立てたおおたまチャン、新人9人の中から彼だけに与えられた役割が、劇プレの先輩でありハンサムのMCおにいさんだった風間由次郎と同じ【MC役】だなんて、ヲタクだから勝手に関連付けて泣いちゃうよね。「おおたまチャンがハンサムのステージで何らかの特別な役割を与えられている」という事実がもう泣く。
ここでおおたまチャンのダイマ挟みますね。


30.無礼講!!!
・タオルブンブンナンバー
・この曲を聴くといよいよハンサムライブも終わりか〜ってさみしくなっちゃうね。
・新人ハンサムちゃんたちと先輩ハンサムちゃんたちのじゃんけん対決が全方位どこを見ても可愛い。
・チームハンサムの弾ける笑顔が可愛い。可愛いけど終わりを感じて儚くなる。めんどくさいヲタク。
・大サビ「♪重なり合って響き合う声は〜一緒に行こう」は、神木吉沢小関広大のTRILLチームこと次世代エース組が担当。ステージ上でこの4人だけが立って歌っていて、先輩ハンサムがしゃがんで4人を盛り上げるという構図がもう既に涙だった。2016の先輩ハンサムたち匂わせすぎじゃない?!?!せめて30歳過ぎるまではハンサムに居てください!!!!!!
・\ここで一発キャノン砲!/で腰突き上げるハンサム居なくなっちゃったね(´・ω・`) それともわたしが全体を注視してないから気付かなかっただけですかね(´・ω・`) 男子高校生みたいなノリで可愛くて好きなんだけどな(´・ω・`)


31.Feel The Same
・最初の「♪I fly I can fly〜」誰歌ってた…?安定の神木くんだったと思っていたけれど、なんか小関くんだった気もしてきた。どっちだ……!
・「♪追い風が僕らの〜いいんじゃない」までのパート、ここも神木吉沢??何だかもう大サビやCメロは全て神木吉沢パートだと思い込む脳味噌になってしまっている。
・正直に言うとFTSとベストスマイルの記憶がごっちゃになっている気がする…。どちらか忘れたけれど、神木くんと吉沢さんが隣同士でしゃがんで、ペアパートを歌ってる2人組の周りで他ハンサムたちとわちゃわちゃしてる流れがあり。その後立ち上がろうとした吉沢さんが服の裾を踏んでよろけちゃう足元お留守沢さんが発動。


32.ベストスマイル
・ちょっと上記FTSと記憶が混同してます…
・大サビ「♪次の行き先も〜全然まだ間に合うさ」が神木吉沢パートに。(ですよね…?!) 無礼講の大サビと同じような構図。
・18日夜公演、無礼講からベストスマイルまでのどこかで、神木くんがよちたく先輩をぐいっと引き寄せる事案が発生。18夜の雄神木、イケイケですね。あまりにびっくりして、それまでに必死になって頭に叩き込んでた神木くんと吉沢さんの絡みがスポーンと抜けましたヲタク絶望。

 


***以下アンコール
34.Yes! We Can!
メンバー:神木、吉沢、小関、溝口、松岡、セヨン、サンミン、新人ハンサムちゃん
・ハンサム学園の新入生と2年生のみの曲。
・イントロでセンターに立つみぞたくの衣装が新人仕様じゃなくて2年3年メンバーと同じ特攻服(?)だったの嬉しすぎてヲタク軽率に泣きそうになりました。しかもたった1人だけ真っ白な衣装で存在感がすごい。架け橋役本当にお疲れ様でした!
・「前へ、前へ」みたいな兎に角明るい希望満ち溢れたナンバー。これからのハンサムを担う次世代メンバーが歌うに相応しい曲でした。
・2番サビのラストフレーズ「♪振り向かないで」の神木くんが可愛い。手を広げてぐーっと上に伸び上がりながら、お顔をふりふりしてお茶目顔してました。
・大サビに入るまでの間奏部分が可愛い。小関広大ペアパートの後、パーっとセンターポジに付いてカウント取りながらドヤ顔(そしてお口はぷうっと膨らます)みたいなお茶目な表情してる神木くんが特に可愛い。
・その裏で吉沢さんも首こくんこくんしながらカウントとっててまたもやにゃん(※拙ブログ前編記事参照)になってる。可愛い。何この2人次世代組の中でのハンサム最長歴2トップなのにあどけなさも2トップで可愛い。
・大サビ「♪届けたいこの胸に秘めてる〜この拳を掲げろ」の神木吉沢ペアパートの声の重なりがすごく綺麗。2人してわーきゃー忙しない動きをしていて可愛い。神木くんカメラにドヤ顔可愛い。
・そしてこの大サビパート、吉沢さんのファンサタイム〜〜!(わたしもこのタイミングでファンサいただきましたありがとうございました)(勘違いしたもん勝ち)(指さしお手振りいただきました)(勘違いしたもん勝ち)
・ラストポジションの階段上に向かってダッシュするラスサビの神木吉沢コンビ可愛い。


35.Never Let Go!
メンバー:植原、戸谷、平間、青柳、桜田、水田、吉村、松島、渡部、伊藤
・前曲【Yes! We Can !】終わりの後輩たちを追い出すかのように下手から先輩ハンサム登場。「さぁどいたどいた!こっからは俺らの出番だ!」って声が聞こえてきそうだった。
・この曲ってアップテンポでリズムもカウントしやすくて明るいメロディーラインなのに、よくよく聴くと歌詞がものすごく切ないんですよ。夏の終わりを想起させるような、「次の花火が上がったらお祭りも夏も終わっちゃう、やだやだまだ夏を過ごしたい!」っていう時に感じるような胸がぎゅってなる切なさに近い。そういう曲だと思ってます。それをね、先輩ハンサムたちに歌わせた意図は…?っていうことを考え始めたらもう深読みが止まらなくて、毎回涙堪えるのに必死になってました。

あの頃の僕達が 思い描いたストーリー
出会ったのは偶然じゃない 宝物だね

Baby, I love you どんなときも
渡さない take you out
この瞬間だけは turn me on
もっと感じたい one more time
Baby, I love you 永遠を
詰め込んだ one moment
君との時間をもっと!!
止まらない 止まれない
Never let go!

Baby, I love you 嘘じゃない
続けたい party time
全てはここにある in my heart
ちゃんと目を見てよ, one more time
Baby, I love you あと何度
過ごせるの be with you
君との時間をもっと!!
止まらない止まれない
Never let go!

過ぎちゃえば 思い出に
かなり寂しくなるけど
後悔はしない
高鳴って baby.. 重なって baby..
最高にしよう
Everlasting Show!
止まれないから

・本当は楽しいことだけを記録したいのだけれど、あまりにもこの曲での音響ミスは酷かった…。HF2016以降、この曲を聴く度に、自分のソロパートがマイクオフのまま終わってしまって悔しげに唇を噛み締める通の顔を思い出してしまう。苦笑いするたっくんや秀くんを思い出してしまう。結局TDCでもフォーラムでも改善できずに終わり、流石にパシフィコからの会場変更を言い訳にはできないレベル…。ハンサムたちが悔しそうだったのがこちらも悲しくてやり切れなくて、ハンサムたちにそんな思いをさせてしまったことがただただ辛かった。


36.カーテンコール
・一人一人挨拶。
・はじめの挨拶と同じく、吉沢さんの挨拶を聞いている時の神木くんがとっても楽しそうで心がほわほわしました。吉沢さんが真面目なことを話してる時はうんうん頷きながら聞いてて、照れ臭くなった吉沢さんがふざけるとまた笑いが堪え切れなくなる神木くん、今年らしい神木吉沢コンビでしたありがとうございました。

・先輩ハンサム勢が軒並み卒業を匂わすような発言/空気を醸し出していて深読みヲタクの精神は死にそうです…お願いだから来年も変わらずステージに立っててね。
・最後ハンサムたちが\ありがとうございましたー!/って上下のポジションを入れ替えて2回挨拶してくれる場面での神木吉沢コンビが目を疑うほど可愛かった。神木くんにとことこ付いていく吉沢さん何事なの??2016年にゃん沢すぎません???おふざけのつもりがタイミングを逃しちゃったのかな?って考えてたけど、あの時の吉沢さんの反応からするに何も考えずに無意識に神木くんにくっついていっちゃったんだろうな…可愛いの最大瞬間風速。


37.ALICE
・正直泣きすぎてあまり覚えてない。
・吉沢さんの優しい低音から始まるのすごく良いよね。
・大サビが丸ごと神木くんのパートになっていた。声がめちゃめちゃ女の子っぽくなってた。


**.DAER MY GIRL
【17日昼夜】終演後に流れるDMGを会場のアミュクラが大合唱。
【18日昼】カーテンコールのタイミングで壮一くんあたりがDMG合唱に関して言及。「歌ってくれてありがとう!俺らもね、袖に集まって聴いてるよ。みんなの声届いてるよ。ありがとう」
【18日夜】安定のDMG合唱→DMGの次に流れた with you 合唱→サプライズでハンサム登場。塁斗「最後だからみんなでサビだけ歌おう!アカペラで歌おう!!」→チームハンサムとアミュクラでDMGアカペラ合唱。
【追加公演】音付きでチームハンサムとアミュクラみんなでDMG合唱。終演後のBGMに with you が流れ、今度はそれを会場のアミュクラみんなで合唱。最後は拍手で終了。
⇒いかがですか?ハンサムライブという空間が、チームハンサムが、アミュクラが、いかにあたたかいのかって話です…。アミューズ好きになって良かった!!!!!!しあわせ!!!!


===============


駆け足で雑なまとめになってしまった…!

アアアア本当はちゃんと総括したいのだけれどそんなことをしている時間的余裕がない…!ざっくり下記に総括しますね!

わたしはHF2016全通した訳ですが、追加公演の日は普通に仕事だったんです。でも事情を知ってる上司が早退のお許しを下さって、公演開始3時間前に急遽ハンサムに行けることが決定しました。そこからフォロワーさんたちのご協力のおかげで無事に参加することができて。基本的に現場はぼっちのことが圧倒的に多いのですが、改めて周りの方に恵まれたな〜と思えた出来事できた。フォロワーの皆様その節は本当にありがとうございました!

そして忘れてはいけない神木吉沢コンビ。2人に関しては、【神木くんと吉沢くんというコンビ】というタイトルで随時記事をアップしていくのでもうここでは多くを語りません。(2015年までの2人に関してまとめたエントリーはアップ済です。よろしければ…)

只今2017年6月14日10時10分、巷ではもうDVDが届いた方もいらっしゃるのかな…。わたしは日曜日にならないと受け取れないのでもどかしさがあと4日ほど続きます。早く観たいな〜〜そして自分の思い出の中のHF2016と事実関係を擦り合わせたいです。


駆け足になりましたがここまでお付き合いいただきありがとうございました。

ありがとうハンサムありがとうアミューズありがとう大好きだよ心から感謝してる!!!!!

f:id:kkrbmrtm:20170614104644j:image

 

 

===


下記はオマケ。毎度恒例、どの場面なのか全然思い出せなかったけど過去のわたしが一人で大盛り上がりしていたツイートを晒します。

 

HANDSOME FESTIVAL 2016 全公演覚書 きゅんファイ編

 


1エントリーに収まらなかったので、急遽きゅんファイ編単独で立ち上げました!!!!

 

というかあれです、前編の反響が、すごくて、胸のバクバクが止まりません……!想像していたよりずっと多くの方が拙ブログに足を運んでくださったようで、何かとんでもない間違いを記載してたらどうしようと気が気じゃないです…。反響があった次というのは往々にして面白くないのが定説ですが、今回もわたしの思い出の中のHF2016にお付き合いいただけると幸いです。

まさかのきゅんファイ編が超大作(※長さの話)になったので、急遽きゅんファイのみ独立で記事立ち上げました。流石ヲタク殺しのきゅんファイ。

※通し番号は前編から共通となっています。
HANDSOME FESTIVAL 2016 全公演覚書 前編 - 発露

 


=============

 

24.ゲームコーナー「LOVE TRIANGLE」

全5公演を通して様々な事案が発生したのでヲタク何から書けばいいのか分からない!!とりあえず時系列順にふんわりざっくりまとめていこうと思う。

 

===

簡単に言うと「きゅんきゅんさせた方が勝ち!」(byよちたく先輩)なこのゲーム。チームハンサムの伝統的お家芸。ハンサムたちが2チームに分かれ、各チームから選抜されたハンサムが一騎打ちで会場のアミュクラたちをきゅんきゅんさせるぞ!ラブトライアングルという名の通り三角関係のシチュエーションで1人の女の子を巡りバトルするハンサムたちは必見!なお、口説かれる女の子役もハンサムメンバーが務めるので、見守るハンサムたちもピギャるヲタク共もボルテージMAXだ!
【伊村チーム】植原、平間、桜田、松島、神木、溝口、セヨン、株元、 石原、金子、他新人ハンサム(新人ちゃんごめんな… )
【青松チーム】戸谷、水田、渡部、吉沢、小関、サンミン、太田、他新人ハンサム(新人ちゃん…)

 

ゲストとして株ちゃんを呼ぶハンサムと株ちゃんを真っ先に迎え入れる戸谷さんが可愛い。ハンサムみんな可愛い。可愛いね。

 

チームで分かれてそれぞれステージの上下に移動する流れの時、すれ違いざまに互いをビシッと指差して「負けねーよ?」みたいな顔で煽り合う神木くんと吉沢さん。このお遊びが2人の中でブームだったようでほぼ毎回見ることができました。前は目も合わなかったのにね…!目を合わせるだけでなく自然にこんなコミュニケーション取れるようになったんだね……!!この時点で既にヲタク天元突破。

 

わちゃわちゃしながら思い思いにステージ上の階段に腰掛けるハンサムたち全方位可愛い。どこを見ても可愛い。覚えている限りだと、神木くんはたっくん・通・みぞたくの隣に座っていた気がする。立ちの時は、盃を交わした義兄弟である松島庄汰くんの隣をキープしていた印象。ドリタクも引っ付いてたりして兎に角伊村チームの距離の近さ可愛い。愛おしい。そしてチームが違うのに隣同士にお座りする航壮コンビ…!仲良し可愛い…!

 

【18日夜】お座り待機の時、神木くんがおもむろに隣の通をぐいっと引き寄せる事案が発生。18日夜公演の神木くん、全体的に雄みが全開で後述しますがよちたく先輩や吉沢さんのこともぐいっとしてました。ほんと、どうしたの……?????

 

下記からは覚えている限りで各きゅんファイ対決の詳細を挙げていきます。恐らく記憶違い多発してるのでご了承ください…!

 


===


■17日昼公演

 

 ①植原卓也 vs 小関裕太
シチュ:テニス強豪校の先輩後輩な2人がマネージャーのあの子を取り合う!
女子役:太田
勝者:小関
→テニス部という設定で、且つたっくんがカメラに抜かれた時点できっと誰もが「謙也対決くる?!?!」と思ったけれど小関くんでした。個人的には、たっくんの「はっきり言って太田ちゃんのこと好きだよ」に心臓ぶち抜かれた。「はっきり言って」っていう植原卓也み全開な言葉のチョイス!からの「太田ちゃん」呼び…!ちゃん付け……!心臓を押さえることしか出来なかった。

 

 ②記憶にない…すみませぬ……

 

 

 ■17日夜公演

 

 ①セヨン vs サンミン
シチュ:日本語学校の生徒の2人。2人の担当の先生を好きになった彼らは勉強中のつたない日本語で思いを伝える…!
女子役:溝口
勝者:セヨン 

 

②石原壮馬 vs 吉沢亮
シチュ:兄弟の2人は揃って隣の家に住む幼馴染のことが好き。幼馴染な彼女にクリスマスツリーの下で告白!
女子役:神木
拙記事の大本命対決。
【こいつはビッグになるだろう選手権】堂々1位(当社調べ)のそーまチャンと「世界中の女は全員俺が抱いたぜ」と言わんばかりのチャラ男営業で有名(当社比)な吉沢亮というカードを切ったアミューズ様に全わたしが拍手喝采スタンディングオベーションの嵐だった。そーまチャンとの対決に、勝利を確信しているのか余裕の笑みを崩さない吉沢さん。吉沢さんという鉄壁のエースを投じて堅実に勝ちを狙う青松チーム。そーまチャンを選出した伊村チーム一同が「え~~吉沢かよズリイよ~~~」みたいな反応だった。君たちそーまチャンを応援したげて~!笑
この対決の女の子役に神木くんをぶつけてくるアミューズ様はやっぱり奇才。神木くんが女の子役と知り、ますます不敵な笑みの吉沢さん。

【石原】「好いとーよ」からの「付き合おう」(詳細なセリフは思い出せず…そーまチャンごめん)

吉沢亮を相手にしてここまで完成度の高い勝負を見せてくれるとは恐らく誰もが予想だにしていなかったことだろう。そーまチャンはやっぱり将来有望。口説き言葉よりも、その後に恥じらうように目をそらした神木くん(女の子に成りきってますね!)の視線を再度奪おうとガンガン距離詰めるそーまチャンの雄みが最and高でした。

このポテンシャルの高さを見せつけられても依然余裕そうな吉沢さん。通お兄ちゃんから「おいアイツ余裕だぞ!」と野次を飛ばされ、謙遜する素振りを見せつつも勝利を確信しているかのようなドヤ顔を崩さない吉沢さん。

【吉沢】
吉沢「なんか今日寒いね」
神木「そうだね」
吉沢さん、「寒い寒い」言いながらジリジリ神木くんとの距離を詰めていき、遂には神木くんに抱きつく。暖をとるかのように抱きしめながら小刻みに縦揺れする吉沢さん(?)。幼馴染の女の子こと神木くんは困惑の表情。
神木「え、ちょ、急にどうしたの?」
吉沢「さっき壮馬に告白されてたでしょ」
神木「…うん」
吉沢「俺たち幼馴染で小さい頃からずっと一緒だったじゃん?お互いのこと何でも知ってるし今更付き合う必要ないじゃん?…だからさ、結婚しよう」
途中からカメラに顔面アピールして顔で乗り切ろうとする魂胆見え見えな吉沢さん。キメ台詞後、カメラ目線のまま、抱きしめてる神木くんを更に引き寄せて耳に執拗にセクハラするパフォーマンスを惜しげもなく披露する吉沢さん。
ここでチームハンサム総出でストップ!爆笑する神木くん!(照れ隠しかな?)ドヤ顔が止まらない吉沢さん!(照れ隠しかな?)

 

戸谷「お前その顔じゃなかったら犯罪だからな?!逮捕だからな?!?!?
ハァ~~~~前回記事でも書いたけど吉沢亮に対して当たり強い戸谷公人だいすき芸人の血が滾る~~~~~~前回記事では【とある条件下で吉沢さんへの当たりが強くなる公人さんだいすき芸人 】と記載しましたが、とある条件下とは、「対神木の状況下」のことでした~~~~~~~神木くんにデレデレ甘々な公人おにいちゃんは吉沢さんには容赦なくて本当に面白い。この3人の絡みって滅多に無いですが、【リアル男兄弟(兄公人、弟吉沢)と年下の近所の女の子(神木)感】がすごく可愛い。何だかんだ言いつつ吉沢の顔面褒め倒しな公人おにいちゃん可愛い。
とかなんとか書きながら、よくよく考えたらもしかしたらこれは公人おにいちゃんではなくて通おにいちゃんの発言だったような気がしてきた…。どっちだ…!なんかすごく通な気がしてきた!でも公人おにいちゃんも吉沢さんへの当たり強い芸を何かしら披露してくれたのは間違いない筈なんだ!何だったんだろう…!!どなたか記憶の摺り合わせに付き合ってくださる方は居ませんか!!!!

 

→勝者:石原。

神木「今から吉沢の敗因言うね。まず、いきなり結婚とか言い出してちょっと引いた。あとは~」
よしたく?広大?「ガチ駄目出しは裏でやってください!」

吉沢「だって付き合おうとか言われたら、もう結婚しようくらいしか残ってないじゃん…!」

 


■18日昼公演

 

桜田通 vs 渡部秀
シチュ:ちょっとオタクな2人。大好きなキャラにそっくりな中国人女性に出会う。言葉が通じない彼らはボディランゲージで…?!
女子役:許峰
勝者:桜田
「オタク」の時点で、客・ハンサム満場一致で桜田選出。「対戦相手自分で決めたい!」と意気揚々と青松チームに歩を進め、ぐいぐい距離を詰めてひとりひとり顔を覗き込んでいく通。青松チームは一斉に目をそらして下を向く。そんな中、選ばれたのは、渡部でした。自分で選んでおいて、「やべえ!強敵を選んでしまった!!」と騒ぎ出す通。でも顔が満面の笑み。年々仲の良さが増していく同級生コンビ可愛い…。特に2016年のどりしゅうは仲の良さがカンストしてましたね。興味がある方は是非2人のSNSやWEB媒体を漁ってみてください。
【渡部】「拙者wwwドゥフフwww」なんてヲタクのテンプレどこで覚えてきたの秀くん…!!挙句、跪いて許峰くんの指を舐め始める。本当に、どこで覚えてきたの秀くん……!秀くんは箱入り世間知らずだと信じて疑わないヲタク、脳天に稲妻が走る。でも許峰くんをONE PIECEのロビンと言い出す秀くんの例えが秀逸なのとブレないのとで笑った。だがしかし、キメ台詞が「ロビン様、奴隷にしてください」だったの、本当に、どこでそんなドMの豚野郎みたいな台詞覚えてきたの秀くん…!!!
桜田】初っ端「フゥ…ヲタクの振りするのも疲れるな」とか言い出して会場絶叫。あまりのかっこよさとお前が言うな感で会場のアミュクラの心は一つだったはず。そんな桜田さん、ボディランゲージという指定をしっかり守り、人差し指を立てて「(1回だけ!1回だけ!!)」ってジェスチャーした後おもむろに許峰くんを押し倒してシャツを剥ごうとする。ガチで脱がそうとしていて、ハンサムたちによって強制終了。誰がそこまでやれと…????追剥ぎの現場にリアルに遭遇した気分を味わえました。

チャラ男といえば吉沢だけど桜田も大概チャラいというか下ネタに走るからほんとこの兄弟は そして女は総じてチャラ男が好きなのよね(※ただイケ)
2016/12/18 23:38 鍵付きリア垢より

今日の桜田の下ネタはストレート一直線に「一発ヤらせて」(※一応口に出しては言ってない)だったのほんとウケた通まじで昨日神木の耳にセクハラした吉沢に向かって吐いたツッコミが綺麗にブーメランだからね???ほんと好き

2016/12/18 23:41 鍵付きリア垢より

この兄弟はほんとにもう…吉沢がチャラ男に逃げちゃう一因は絶対お兄ちゃんがこんなんだからってのもあると思う

2016/12/18 23:42 鍵付きリア垢より

 

②株元英彰 vs 戸谷公人

シチュ:ごめん忘れた
女子役:正木
勝者:戸谷
→慣れないきゅんファイに照れつつ挑戦した株ちゃんの恥じらう姿が可愛かった…。パンスト被ったりモノボケしてる株ちゃんが一瞬走馬燈のように脳裏をよぎって劇プレの株ちゃんが恋しくなった。

 


■18日夜公演

 

①金子大地 vs 青柳塁斗
シチュ:北海道に修学旅行に来た2人は意中の女子に思いを伝える!
女子役:平間
勝者:金子
→北海道の時点でアミュクラ全員が「道産子幼馴染対決来るか…?!」と固唾を飲んだが、新旧対決になりましたね。塁斗がひたすら幼馴染感を全面に押し出していて軽率に胸が苦しくなったし壮子ちゃんはパーフェクトな仕上がりだった。「白い恋人になりたい」的なキメ台詞だった塁斗流石のエンターテイナー。そこに持っていくまでの流れが秀逸すぎたんだけど詳細が思い出せない…ヲタク絶望。結局壮子ちゃんは塁斗くんを選ばなかった訳ですが、勝手ながらそこにリアル幼馴染みを感じてコンビ厨ヲタクの胸中大興奮。壮一くんといえば水田さんとコンビを組む機会が圧倒的に多いけれど、道産子幼馴染って実はさり気なく互いをみていて、やっぱりどこまでも幼馴染なんですよ。壮一くんが居なかったSHL2014最終日の塁斗くん然り。誰よりも昔から知っているからこその気恥ずかしさとかバチバチ感も含めての道産子幼馴染。今回壮一くんが塁斗を選ばなかったのが2人らしくてヲタク全力で頷いてました。

 

松島庄汰 vs 水田航生
シチュ:関西人な2人と女の子、お好み焼き屋さんで…!
女子役:石賀
審議待ったなし。
なんか水田さんがリア恋拗らせるスーパーきゅんペリなパフォーマンスをしていた気がするのだけれど、まっちまが全てを掻っ攫っていったよね。
松島「俺の好きな人は~、いつも優しくて、目がぱっちりしてて、まつ毛が程良くて、好きな言葉は笑顔同封。…お前のこと好きやねん、航生」
まっちまからの告白に満更でもない水田さん。カップル成立ですね。おめでとうございます。会場のヲタク共の大絶叫がすごかったし何ならチームハンサムも沸いてた。祝福されるカップル、おめでとうございます末長くお幸せに。

 


■追加公演

 

①平間壮一 vs 水田航生
シチュ:ダンススクールの先生と生徒な2人。ちょっとダンスが下手っぴな女の子のことを好きになってしまい…?!
女子役:小関
勝者:水田
→満を持しての航壮コンビ対決!小関裕子ちゃんが天元突破の可愛さだった大天使。
【平間】
しゃがんで踊る振りを裕子に指導する壮一先生。後ろから手を取りつつ振りを確認させて、そのままの流れであすなろ抱き。
「俺さ、NYに行ってダンスを教えることになったんだよね。裕子はダンスは上手くないけど…まあ、何て言うか俺の心の支えとして?一緒についてきてほしい」
ちょっと意地悪というかSみの強い壮一先生まじリア恋…。
【水田】
壮一先生の告白を陰で聞いていたダンスが上手い優秀な生徒水田くん。
松島庄汰という壁に裕子ちゃんを壁ドン!からの顎クイ!裕子ちゃん、堪らず「恥ずかしいよ」と言いつつ水田くんから逃れる!と、すかさず裕子ちゃんの腕を引っ張りよろけた裕子ちゃんを抱きとめる水田さん!!からの!裕子ちゃんをくるりと半転させてあすなろ抱き!!!
「裕子……どこも行かんといて…?」
ごめんこれは水田さん大勝利です。
頬を染めてあわわ~ってガチで恥じらう裕子ちゃん大正義です。

 


神木隆之介 vs 吉沢亮
シチュ:学級委員長とクラスのやんちゃボーイは共に同じ女の子のことが好き!それぞれ初詣に女の子を誘うが…?!
女子役:溝口
全貌はDVDでご覧ください。
ASMART | チーム・ハンサム! CD・DVD 保存版DVD「HANDSOME FESTIVAL 2016」

 

とりあえず、きゅんファイの詳細ではなく、対決前の神木吉沢コンビの可愛かったところをご紹介。

・学級委員長経験者の神木くんが選出され、即座に「隆が来たら!!!」と叫び吉沢を前に押し出す公人おにいちゃんハァ~~~~もしかして公人おにいちゃんも神木吉沢コンビ推しなんですか??もしかして同志なんですか???【対神木の状況下において吉沢亮への当たりが強くなる戸谷公人おにいちゃん】なのではなく、神木吉沢コンビが好きなだけだったんですか??同志ですか????
・神木くん、吉沢さんを指さして「負けねーよ?」って顔で煽る芸をまたもや披露。からの、「やっべ~どうしよう」みたいな感じで目を泳がせて顔をくしゃってさせる。わたしのだいすきな表情ですありがとうございます。
・神木くん、唐突に「ちょ、ちょっと亮借りていい?」と言い、吉沢さんの手を引いて袖に走る。吉沢さん「?…??」ってなりつつも素直に引っ張られる。無遠慮に相手に触れられるくらい仲良くなったことにヲタク真顔。というか亮呼び…!リアル亮呼び!!!
・勝負前、シチュエーションの再確認をする神木くんに役者みを感じる。神木くんの職人感…!
・一方で意外にも不安げな顔の吉沢さん。シチュエーションや先攻後攻の確認を入念に行う。
吉沢「え…ぇ、じゃあ隆が、隆が最初…」←小声でものすごく不安そうに喋り出す吉沢さん。新鮮。というか隆呼び…!リアル隆呼び!!!
神木「ハイじゃあ最初にいきます」←職人感
吉沢「じゃあ、じゃあ俺途中から入って、じゃあ隆が終わったら入ってk」
神木「(被せ気味に)おけーい」←すごく軽い返事
こういう時に振り切って突っ走れる強心臓の神木くん。対する吉沢さん、神木くんに袖に連れ出されて共謀したことで、企てが上手くいくかちょっと不安になってしまったのか事前の入念な確認がすごい。この辺りに役者としての芝居スタンス・アプローチの差異のようなものを感じた。

 

終了後、企てが大成功してしてやったり顔な2人がとても可愛かった。2人から仲良し男子高校生みを感じる日が来るとは思ってもみなかった。
詳細は是非自分の目で観ていただきたいので、私の口からは語りません。と言いつつ、当時のわたしのキモヲタ全開な大混乱ツイートをここで供養したいと思います。

神木と吉沢の問題のシーンに関しまして、各所から「死んでないか心配した」とか「生きてるか心配した」とか散々言われまくっててワロタwww でもそれだけ周りのみんなに私=神木吉沢って定着しているのは正直嬉しい
2016/12/30 2:10 鍵付きリア垢より

‪神木吉沢の問題のシーンの後、戸谷公人が吉沢の肩掴んで「誰かコイツ捕まえとけよ!!!!」って叫んだのサイコーだった…吉沢亮への当たりが強い戸谷公人たまらん……公人は神木のこと妹かなんかだと思ってるのかな???対神木という状況においてチャラけた言動を取る吉沢に当たり強すぎ……好き……‬
‪2016/12/30 1:48‬ 鍵付きリア垢より


最後に、対決前はあんなに不安そうだったくせに的確にヲタクを仕留めたテロリストでスナイパーの吉沢亮のツイートを引用。

 


===============


きゅんファイ、2016年も全体的に凄まじかった…。きゅんファイのカロリー高すぎて、この記事を書き上げるのにだいぶ体力とメンタルを削りました。でも後編も待ってる…まだまだ道のりは長いぞ…!DVD発売があと4日後まで迫っているので急ピッチで後編も仕上げます~~明日にはアップします。 

f:id:kkrbmrtm:20170610233226j:image

 

HANDSOME FESTIVAL 2016 全公演覚書 前編

 


『HANDSOME FESTIVAL 2016』のDVDが発売決定しましたね!!!(今更感溢れる話題)

 

 ASMART | チーム・ハンサム! CD・DVD 保存版DVD「HANDSOME FESTIVAL 2016」

 

新規獲得に向けて円盤化を見据えたセトリだったにしろ、あれだけabema配信の転載動画が出回ったのに(憤怒)、それでも意思を曲げることなく円盤を発売する決心をして下さったアミューズ様には頭が上がりません!!!!本当にありがとうございます!!!!!いつもお世話になっております!!!!!!!!

さて、来たる6月14日に発売される『保存版DVD HANDSOME FESTIVAL 2016』に先駆けて、わたしがこの目で見たHF2016全5公演をここに記録しておこうと思います。以前も書いたように、公式から映像が出てしまったら、わたしのHF2016の思い出に記憶違いが生じていることが発覚してしまうかもしれない。そうなったらわたしの思い出の中のHF2016はこの先陽の目を見る機会を失ってしまう。そうなる前に、わたしが見たわたしだけのHF2016の記録をネットの海に放り投げておこう。そんなスタンスです。基本的に神木吉沢定点カメラとしての仕事を全うしているため、どうしても2人に関する覚書が多くなってしまうけれどその点は許してください。

※下記はあくまでも個人の感想・覚書です。実際のパフォーマンスと異なる内容が記載されている可能性もありますのでご了承ください。あくまでわたしの記録用。


================


■12/18夜公演が終了した時点でTwitterリア垢にアップした今回のセトリ

party ride→ So Free!→Brand New World→MC→キミノリズム→FLASH→shi-tai→ミュージックアワー→それがすべてさ→【VTR】桜田松島→perfect human→【VTR】ドリフェス→ドリフェス4曲→SIGN→【VTR】いつもの女子会V→THRILL→white serenade→butterfly→君だけのヒーロー→【ゲーム】きゅんファイ→【VTR】助けてハンサムー!(神木による君の名は実写再現)→festival night→THIS IS THE TIME→BANG!→新人ハンサムによる場繋ぎ&バンドメンバー紹介→無礼講→Feel The Same→ベストスマイル→【アンコール】YES!WE CAN!→never let go!→ハンサム1人ずつの挨拶→Alice→アミュクラによるDear my Girl合唱→アミュクラによるwith you合唱→【ダブルアンコール】ハンサムメンバーと一緒にDMGアカペラ合唱

こちら、アスマートのDVD発売ページに記載のセトリと比較したところ、恐らく間違い無し。流石全通すると覚えるもんだ。ただし、アスマートに記載のセトリは追加公演時のものなので、ラストの曲順が少々変動している。

 


1.OPENING VTR
どの公演でも周りのド!ヲタがみぞたくに心臓ぶち抜かれてた印象が強い…みぞたくチャンっょぃ…。わたしとしては、寝ている神木くんがあざとく可愛すぎて笑いが止まらず、ダーツに興じる吉沢亮の顔面が国宝過ぎて笑いが止まらず、先輩みの強い桜田通に恋に落ちたりと大忙しだったけれど、誰よりも何よりも心を掻っ攫っていったのは壮一くん。2014年、体調不良で最終日に無念の欠席という英断をした壮一くん、彼がハンサムに帰ってきたこと、ハンサムライブのステージに立つ壮一くんのきらきらな笑顔をまた観れることに最初からクライマックスでした。ええ、壮一くん登場シーンで初日から早速泣きました。


2.PARTY RIDE
ハンサム学園文化祭のオープニングにピッタリなナンバー。 18日昼夜、アリーナに入ったわたしの真ん前が神木くんのポジション。楽しそうに歌って踊る神木くんを観ていると、ああ今年もハンサムの幕が開けたんだな、と初っ端から感慨深い気持ちになってしまいました。そしてステージにちゃんと壮一くんが居たことにまたもや泣きそうになるわたし。


3.So Free!
・イントロでの最年長たっくんの煽りで2曲目にして一気にテンションが振りきれる。
・去年のSo Freeでは、神木くんが力の抜きどころを覚えたようで緩急あるダンスをしていたのに、今年の神木くんはSHL2012の頃の体幹無視して全力で踊ってた神木くんに戻っていた。でもそれだけ楽しさが伝わるね。全力ダンスかわいいね。楽しいね。
・Cメロ~大サビにかけて、植原→桜田→神木→吉沢っていう流れなのがどう考えても最強すぎて…。神木くんの「♪Make it for life この世界を駆ける風になれ」でのきらきら笑顔を観る度に、ああハンサムライブに来たんだなってなる。だいすき。


4.Brand New World
ハンサムたちも喉が温まってきた3曲目は、聴くたびに何故わたしはSHL2013に行かなかったのかと悔しくなってしまうこのナンバー。全力で「ヘイ!ヘイ!」って声出しするハンサムたち愛おしい。確か今年の出だしは戸谷さん吉沢さんで、【とある条件下において吉沢さんへの当たりが強くなる公人さんだいすき芸人】の血が騒いだ。


5.MC
・吉沢さんが挨拶している時のリアクションが兎に角可愛い神木くん。覚えている限りでは、
①お腹抱えて爆笑 
②苦笑 
③下を向いて手で口を押さえて笑いをこらえる 
④あいつ駄目だわ的なスンッとした顔からの笑顔 
辺りですかね。ハァア吉沢さんの一挙手一投足に対して最後にはいつだって笑顔になっちゃう神木くんとバイブスだいすきチャラ男営業に精を出してる吉沢さん、めtttっちゃ神木吉沢コンビ'16って感じ…革命感じる…ハァア胸が苦しい……

・広大チャンが神木くんにべったり。兎に角MCパートでの仲良しっぷりが留まるところを知らない神木くんと広大チャン。2人の周りだけお花畑が見えました。
・ベテランハンサム勢が総じてハンサムすぎてピギャるしかなかった。
・壮一くんが心から嬉しそうに楽しそうに挨拶するから3度目の泣かされ事案発生。
・小関裕太があんなにもアツさを剥き出しにした挨拶をしたことに4度目の泣かされ事案発生。クソ忙しかったのにハンサムのステージに立ってくれてありがとう小関くん;;


6.キミノリズム
メンバー:みぞたく+新入生ハンサム
・最初の煽りはおおたま担当…感涙……
・劇プレでの2人のことは知っているけれどド!での2人を知らないわたしは、おおたまチャンとソーマチャンがきらきらしているのを見て親戚の子の成長を見守る気持ちになりました。念願のハンサム良かったね;;;

 ・みぞたくの完成されたきらきらアイドル感に度肝を抜かれる。
・そして忘れてはいけない、吉沢スタッフチームさんからのリハ現場リーク。キミノリズムのリハ中に後ろで一緒になって踊っていたらしい神木吉沢コンビ…。この時の2人のことを「👬」←この絵文字で表現する吉沢スタッフチームさんは間違いなく神。いつもお世話になっております!!!

そしてこのツイートを見たわたし。


7.FLASH
初見時沸きに沸いたFLASH。瞬きする一瞬すら惜しかった。Perfume×ハンサムはアミュクラ全員がだいすきだと思う。何より選曲がズルすぎた。人選がズルすぎた。本家衣装はモードなモノトーンなのに、チームハンサムはチェックジャケットって…!アミューズ様本当に天才。神木くん→吉沢さんっていうソロリレーから始まるこの曲、2人を囲うように君臨するベテランハンサムたちが最高にかっこいい。神木吉沢×植原桜田青柳戸谷って控えめに言ってもサイコーすぎません?大サビでセンターに桜田吉沢兄弟が君臨するのもアミュクラ全員がだいすきな布陣だった。「♪FLASH!」で腕をビシッと前に突き出す振りのところ、前から見ると分からないのだけれどサイドから見ると吉沢の腕の繰り出しが鋭く美しくて毎回胸が苦しくなりました…。


8.sHi-tai!
メンバー:平間、水田、渡部、小関、広大、くろじんちゃん
・はちゃめちゃに楽しいダンスナンバー。「あ!あ!あいあー!」ってコーラスするのちょう楽しかった。
・秀くんの「ス・キ・ダ・カラ(片言)」が全てを持っていった。


9.ミュージックアワー
・センターは松島×伊村の同期トリオ。更によしたくが2人に挟まれてるの最高でした。
・ソロパートを歌ってる直人さんに絡む神木くん。顔が近い(大声)
・1番が終わった後の「ヘイヘイ!」で、吉沢さんだけ何故か「にゃんにゃん」になってしまうの最高にかわいい。完全に気を抜いて一瞬で目が死ぬの最高にかわいい。にゃんにゃん吉沢は必見です。(いつの公演だか忘れたからDVDに収録されるかは謎…お願い入っててくれ)
・にゃんにゃん吉沢かと思えば、間奏の「GO! GO! HANDSOME!! LET'S GO! HANDSOME!!」の7ターン目でカメラにガン抜きされた時の吉沢亮から溢れ出る顔面国宝感とナルシズムチャラ男営業感が堪らないです…。
・よしたく先輩のよちたく感がかわいい…赤ちゃん…ぺろい……(推しに似てしまったので基本的によちたくだいすき芸人です)


10.それがすべてさ
・偉大なるレジェンドハンサムの曲、ラスサビ前でぱーっとセンターポジションに付いて踊る神木くんの腰フリフリが可愛いナンバー。
・吉沢「♪そう、君は美しい!」→神木「♪そうさ、僕は君が好き!!」ハァア…最早言葉は要らない。
桜田通「さあ!3、2、1、ゼロオオオ!」


11.VTR
PERFECT HUMANのための前振りV。毎日演出変えてくるアミューズ様はやっぱり天才。人選と組み合わせも天才的。ヲタク踊らされまくりで会場絶叫。アミューズ様一生ついていきます。


12.PERFECT HUMAN
神木吉沢神木吉沢うるさいわたしですが、一応推し自体は神木くんと桜田さんなんですよ。 そしてわたしは基本的に(中身が)チャラい男がだいすきなんですよ。何が言いたいのかというと、17日公演ありがとうフジモリ桜田ありがとう!!!大勝利ですありがとう!!!!18日公演のフジモリたっくんは色気がすごかったです…
【17昼夜】フジモリ桜田×NAKATA松島
【18昼夜】フジモリたっくん×NAKATA塁斗


**.恋ダンス
天才アミューズ様が最終日に隠し玉をぶち込んできましたよ…。みんなだいすきリア恋枠(当社比)の水田さんをメインに据える神人選。水田さん眼鏡が似合いすぎです。本公演でPERFECT HUMANを披露してたメンバーも勢ぞろいでオールスター感がすごかった。その中に平匡さん役として太田将熙をぶち込んできたアミューズ様はやっぱり天才。そしてたっくんはやっぱりえろかった…(小声)
【平匡さん 】水田、植原、桜田、太田
【みくりさん】塁斗、松島、許峰、もう一人が分かんない…石賀か金子か……


13.VTR【ド!】
突然の戸谷公人に母性が刺激された。
そーまチャンの声ぺろい…。


14.PLEASURE FLAG
振りがどちゃくそに可愛い王道アイドルちゃんナンバー。そーまチャンとおおたまチャンのきらきらアイドル感がまぶしくて涙が出るかと思いました…きらきらも素敵だけどいつまでも劇プレの愛すべき最年少組で居てね…;;


15.ARRIVAL-KUROFUNE Sail Away-
株ちゃんきたーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!これが巷で噂のKUROFUNEですか…株ちゃんと公人かっこよすぎてぶっ倒れるかと思ったしシンメ感が堪らないね…公人のシンメは賀来賢人(精神的シンメ)と渡部秀(パフォーマンスシンメ)だと思ってたよ……。公人と株ちゃんの圧倒的シンメ感というか兎に角KUROFUNEやばいね…速攻で曲DLしました。


16.ユレルMIDNIGHT
なんかみぞたくがアイドルだった。この一言で察してくれ。


17.Dream Greeting!
この曲が始まる頃には、ド!Vが流れた時に「アレ??わたしはハンサムライブに来たんじゃなかったっけ…??これハンサムライブだっけ???」と一瞬抱いた疑問も遥か彼方へ吹っ飛んでいた。ド!楽曲とても良い。アプリのサービス開始時に喚いていた2次ヲタ声ヲタからの誹謗なのか批判なのか判断に困る声を見事に吹っ飛ばしたド!メンバーかっこよすぎ。


18.SIGN
メンバー:植原、平間、吉沢、広大、許峰
・SIGNガチ勢的には、オリジナルメンバーが居る限り出来るだけオリジナルメンバーで揃えてほしかったです(小声)
・吉沢さんの「♪get down in my heart~君と俺 繋ぐ振動」の「動!」だいすき芸人ですこんにちは!!!!!


19.VTR【女子会】
いつもの女子会V。だけどフレッシュなメンバーが参入してきたことから、何となく世代交代の匂いを感じて勝手に切なくなる。でも女装には沸く。ヲタクって単純。みぞたく子がただただ美少女でしかない。吉沢亮のトップヲタと名高い吉沢亮子さんは安定の美しさと変態みのバランスが素晴らしかったです。ベテラン塁子は今までで一番好みのビジュアルでした。


20.THRILL
メンバー:神木、吉沢、小関、広大
(THRILLが日替わりじゃない上にこの4人ってちょっと意味が分からない…衣装も満点…アミューズ様天才過ぎて怖い……)
これに関しては、何から話せばよいのか分からないので当時のわたしのツイートを引用。(神木吉沢コンビは1番サポート、2番メインパートでした)


21.White Serenade
メンバー:桜田、吉沢
来ました桜田吉沢兄弟。かくはるを受け継ぐのがまさかこの2人になろうとは…。2人とも基本的に落ち着いた大人っぽいけど低すぎない声な上にお歌が上手いからハモリが兎に角気持ちいい。更に顔面が女ならみんな好きであろう圧倒的なハンサムっぷりだからずるい。今年は兄弟揃ってデコ出しスタイルだったの可愛い。久々に兄弟の2ショを見せてくださったアミューズ様様様有り難や…!


22.Butterfly
メンバー:植原、平間、水田
最早何も言わずとも分かる、アミュクラ全員がだいすきな安心と信頼と貫禄の華麗組。屈指のリア恋枠特化部隊(※当社比)。 去年の壮一くん不在だった最終日を思うと、こうして3人揃ったButterflyをまた観れたのが涙出るくらい嬉しかった。そろそろ皆さんお気付きのこと思われるが、わたしは壮一くんに兎に角弱い。わたしのリア恋枠は壮一くんだと思う。リア恋よく分からんけど。


23.君だけのHERO
・コールが抜群に楽しいナンバー、そしてアクロバットキメるよちたくのぺろみを楽しむナンバー、更に毎公演神木吉沢の絡みが見逃せないナンバーーーーーーーー!!!!!
・神木吉沢コンビはラスサビからの登場。階段上センター、下手側から吉沢・神木の隣同士ポジション。


==================

 

なんか予想以上に長くなってしまった…!!!全公演通して神木くんと吉沢さんの定点カメラをしていた訳ですが、何だかんだどのハンサムに対しても印象深い場面があって、この記事を書きながら、やっぱりわたしはハンサム箱推しなんだな~なんて改めて思いました。というか神木吉沢定点レポのみを期待して来てくださった方がいらっしゃったら申し訳ないな…。
さて、きゅんファイ以降の流れは覚書後編として新たなエントリーにまとめます。

おまけに、どの場面の覚書なのか全然思い出せないけど当時ギュンギュンしてたわたしを振り返るツイートを下記に貼っておきます。

 

そーいや神木隆之介による「君の名は」1人再現vtrサイコーでしたわ 流石何でもありの年末祭 松島と桜田のパーフェクトヒューマンもやばかったしそういえばperfumeflashやばかったメンバーが神木吉沢桜田植原塁斗戸谷とかファンの心臓を的確に仕留めにいってる人選
2016/12/18 2:52 鍵付きリア垢より

ハンサムおばさん本当にしんどいですぅ…今日の夜の神木は雄すぎて頭おかしくてやばかった……神木におもむろにぐいっと引き寄せられたハンサム何人居たよ…雄すぎ……それは吉沢の役目じゃんほんとどうしたの神木……
2016/12/18 22:24 鍵付きリア垢より

吉沢と神木が隣同士なのほんと無理…今年はバクステから一緒に居るからろんと無理 今年1年で急激に仲良くなったね…しんど

f:id:kkrbmrtm:20170604025905j:image

2016/12/18 23:48 鍵付きリア垢より

神木吉沢2人取材の雑誌を読みながら余韻に浸る
2016/12/19 0:02 鍵付きリア垢より

吉沢はほんとすぐ目が死ぬな〜〜〜ステージ上でも気抜けると表情死ぬからな〜〜〜〜カッコつける時はあんなにキリッとしてて表情豊かなのに。営業でチャラ男キャラとして振る舞ってるんだから可愛いよなあ。
2016/12/19 0:30 鍵付きリア垢より

ほんとに仲良くなったねえ;;;;おばさんこんなはずじゃなかった;;;;;;;;

f:id:kkrbmrtm:20170604025836j:image

2016/12/19 10:08 鍵付きリア垢より

懐かしいな…今年の2人の雑誌の取材が仲良さげで動揺して◯◯(友人)に電話して今後2人をどうやって応援していけばいいのか分からないと泣きつき長時間電話に付き合わせた9月?10月?
2016/12/19 10:18 鍵付きリア垢より

1日経っても神木と吉沢の頭ゆるふわ仲良しアピールファンサを思い出して無理だった
2016/12/20 0:45 鍵付きリア垢より

誕生日の君に寄せる


神木隆之介くん、24回目のお誕生日おめでとうございます!

オタクの常套句だけれど、神木くんと同じ時代同じ場所に生まれてこれたことがまずしあわせだし、何より同級生として生まれてきてくれてありがとうございます。そして神木くんと同い年として生を受けた自分を良くやったと褒めてあげたい! お父さんお母さんわたしを神木くんの同級生として生んでくれてありがとう!!笑

24歳のお誕生日なので神木くんの好きなところを24個挙げつつ、今後やって欲しいお仕事を5月に因んで5つ挙げようと思う。

 

 

▪️神木くんの好きなところ!

1. 自然体なお芝居をするところ
2. サイコな役もDT役も儚い美少年役もこなせるところ
3. 脳ポイの石橋とかサムライの坂本さんみたいな役もサラッとこなせてしまうところ(わたしの好きな神木くんの芝居)
4. オタク気質なところ
5. 何にでも興味を持つ好奇心旺盛なところ
6. 対人関係において相手との距離の詰め方が絶妙なところ
7. そのくせファンとお話しする時は「お、おう」「あっ…」ってなるところ
8. ハンサムを大好きなところ
9. 全力で歌い全力でダンスする姿がずっと変わらないところ
10. 松島庄汰と盃を交わした義兄弟のような仲良しぶりを見せてくれるところ
11. 吉村卓也を愛しすぎているところ(当社比)
12. 吉沢亮との関係性が日々変化していくところ
13. その度にわたしをヒヤヒヤドキドキさせて、今後2人をどう応援していくべきかわたしを号泣させるところ
14. 吉沢亮との背中合わせが世界一美しい光景だと思わせてくれるところ
15. 桜田通にべったりなところ
16. 松岡広大を猫可愛がりしているところ
17. 広大チャンの影響なのかなんなのかプラベでEXOを聴いてるところ
18. ドリフェス楽曲を好んで聴いていて、しかもそれを雑誌とかで明言する割に曲名ド忘れしているところ
19. 普段からあれだけ過密なスケジュールをこなしているのに、プライベートでも分刻みのスケジューリングで旅行するところ
20. 堀越華の93年組なところ
21. 堀越の同級生たちから、クラスメイトとして真っ先に名前が挙がるところ
22. 志田ちゃんと仲良し幼なじみなところ(当社調べ)
23. 神木くんの同級生としてわたしを誇り高い気持ちにさせてくれるところ
24. 神木くんを好きになって良かったって思わせてくれるところ

 

▪️神木くんに今後やって欲しいお仕事5選

①舞台
これはもうずっと言い続けてるけど本当に神木くんの生のお芝居を観たい。2歳から映像の仕事1本でやってきた彼は、生で芝居をすることになったらどういうアプローチでどういう表現をするのか、とにかく観てみたい。あ〜〜〜志田ちゃんと舞台で共演しないかな〜〜〜〜?!?!(言霊)

②舞台的な演出方法の映像作品
脳ポイなんかがそうだったけど、1度観ただけで、誰が観ても、明らかに舞台のような演出や装置を採用していると分かるような映像作品に出て欲しい!とどのつまり、わたしは神木くんに何が何でも舞台に繋がるお仕事をして欲しい!

③一人芝居作品
特に語るまでもない。兎に角一人芝居をする神木くんが観たいです。舞台なら尚良し。

志田未来ちゃんとの共演
とにかくわたしが愛してやまない仲良し幼なじみの2人にはそろそろ共演してほしい。ラブストーリーも観てみたいけど、コナンと哀ちゃんみたいなベストオブ相棒(だけどほんのり色がある)みたいな関係性とか、トムとジェリーみたいなわーきゃー騒がしい腐れ縁で犬猿の仲な関係性とか、善と悪くらい0と1くらい正反対な関係性とか、二卵性の双子役とか、どんな役柄どんな関係性どんな作品でもきっとすごく面白いと思う。同世代でも飛び抜けてキャリアも演技力もあって更にプラベも仲良い2人の共演、観てみたくないですか??わたしは観たいです!!!!!

⑤堀越華の93年組同窓会スペシャ
是非!!!!地上波で!!!!やろう!!!!!!華の93年組同窓会特番を!!!!!やろう!!!!!!!あーーーーーーーなんでわたしは堀越じゃないんだーーーーーーーーなんでわたしは堀越華の93年組の同級生じゃないんだーーーーーーーーーー同窓会特番が放映される暁にはノーカット版で円盤化もしよう!!!!!

 

好きなところ24個じゃ全然足りないし、でも逆にやって欲しい仕事って神木くんレベルが相手だと既にいろんなお芝居を観れているからか中々詳細に思い浮かばなくてちょっと凹んだ…。もっと神木くんにも欲張りになろう。言うだけならタダだけど言葉の力ってあるから、欲張りに声に出していこう。


神木隆之介くん、24歳のお誕生日おめでとうございました。24歳の神木くんの更なる飛躍を楽しみにしつつ、神木くんの心休まる時間が23歳の時より確保できるよう、勝手ながら祈念してます。自分勝手なオタクなので30歳までハンサムのステージに立ち続けてくれるよう併せて願う!!!!全力で願う!!!!!

 

神木くんと吉沢くんというコンビ 〜革命前夜

※この記事は2月に書き始めたものです。ちんたら書きすぎかよ……

 

 

神木隆之介の永遠の相方は吉沢亮と心に定めてから気付けば3年が過ぎた。
なんだろう、神木くんのオタをやっていて自分が同厨の方々より何かに優ってると思ったことは一度もないけれど、神木くんと吉沢さんをコンビで推していることに関してだけは誰にも負けない熱量でいるつもりです(当社比)。人と比べるものではないことは重々
分かってるけど!!!!!全ては自分基準の自己満だから許してほしい!!!


2016年8月31日から2017年2月18日まで続いた神木吉沢大革命によって、2人をコンビで推す人は爆発的に増えた。わたしが6年ぶりにブログを開設したのも、自分のために神木吉沢大革命の記録を残しておきたいからというのが原動力だったりする。

考えてみると、2人をコンビを推していこうと明確に決意したのがいつで何がきっかけなのか全然覚えていない。気付いた時には神木隆之介の相方は吉沢亮だということが自分にとって不変で普遍の概念となっていた。本当に思い出せる気がしないのできっかけの話は無しとして、この記事では2人が2人で居ることの何がわたしをこんなにもアツくさせるのか思いのままに書き殴っていこうと思う。

 

神木隆之介との出会い、吉沢亮との出会い
わたしは吉沢亮と同じく1994年2月生まれで、2人とは同級生にあたる。天下のマリア世代(※1)である。幼い頃から多くの作品に出演してきた神木くんを目にする機会はとても多く、マリア世代諸君ならきっと共感してくれると思うけれど、神木くんの成長を見守り、そして共に同じだけ年を重ねて成長してきた。同級生ながら第一線で活躍し続ける彼が誇らしくて、いつだって気になる存在だった。だから神木くんを最初に目にしたのがいつだったのか全然覚えていない。わたし基本何にも覚えてないなww「忘れもしない、○○」とか言ってみたいオタク人生だった…。まあそれはさて置き、神木くんとは気付いたら出会っていて、「同い年だし応援してる~」くらいのスタンスで神木くんが出演する作品はふわっと観てきて、気付いたら茶の間から在宅になって最終的にファンになってた。超ザックリ。
対して吉沢さんとの出会いははっきり分かるぞ…!忘れもしない、仮面ライダーフォーゼ!!!(早速言えました) 朔田流星くんですね。仮面ライダーはカブトからフォーゼまではほぼほぼリアタイで観てきた人間なので、吉沢さんはメテオの子、それ以上でも以下でもない、くらいの感覚だった。

 

■ハンサムとの出会い ~佐藤健大先生を添えて~
わたしがハンサムと出会ったきっかけは佐藤健大先生の存在あってこそ。実は佐藤健大先生はわたしが初めて好きになった(当時)若手俳優です。完全に在宅だったので恐れ多くてファンとは名乗れないけど…。巷では仮面ライダー電王がデビュー作扱いされているけれど、黒歴史として闇に葬られた真のデビュー作・某女装学園ドラマ(※2)をリアタイしてた人間がわたしです。原作漫画がだいすきだったんだよ!!!!!そういえば某女装学園ドラマをリアタイしてたアミュクラさん(※3)にまだ出会えてないな…もし出会えたら握手した上で是非語りたい。
こんな感じで『Q10』前くらいまで佐藤大先生の在宅やってたので、当時からハンサムなるものの存在は存じ上げておりました。
でもちゃんと認識して行きたいってなったのは2013年。で、SHL2013行かなくて後悔して、2014年に漸くハンサム初現場を経験したのです。馬鹿野郎どうして佐藤大先生の在宅やってた時にもっとちゃんと調べなかったんだ自分…! そう、偉そうにベラベラ語ってるけど実はドのつくハンサム新規です!!!!!ド新規です!!!!!ごめんなさい!!!!!!!

 

■コンビの始まりのお話
事務所側が本腰を入れて2人をコンビとして扱うようになったのは、わたしの認識では2013年。2013年は三浦春馬佐藤健という2トップがハンサムライブのステージ上から居なくなった年だった。ハンサムメンバーの多くは生のお芝居の現場で活躍する面々だから、映像を通して活動しているはるたけに比べたら一般知名度はどうしても下がってしまう。事務所は、はるたけに代わるハンサムの新たな顔としての役割に期待して2人に目を付けたんだと思う。2013年の新曲【BANG!】ではペアパートがある。この歌割が事務所による神木吉沢コンビ売り戦略の初動、だと認識している。
ASMART | チーム・ハンサム! CD・DVD 予習+復習Soundtrack2013「LAUGH & PEACE」
ところで、チームハンサムにはコンビ人気が高い組み合わせが存在する。前述のはるたけ然り、植原卓也桜田通のドリタク、平間壮一と水田航生の航壮コンビ、など。どのコンビもアツいし挙げ出すとキリがないのでこの辺りで止めておくが、今挙げたコンビたちは付き合いも長い上にプライベートでの仲の良さも窺える面々。 事務所はハンサムメンバーたちの仲良しっぷりを売りの一つにしている。それにオタクはガンガン釣られる。2次元かよって突っ込みたいようなエピソードがごろごろ転がってるからね。この辺りを掘り下げると無間沼なのでまた別の機会に。話を戻すが、結局のところ何を言いたいかというと、事務所に推されてきたコンビたちはファンから見ても仲の良さが伝わってくるコンビばかりということ。安心と信頼と実績のコンビ。歴戦の猛者。職人芸。
さて、一方で神木隆之介吉沢亮はどうだろうか。彼らの共通点といえは、①同級生、②活動の軸が映像、……。ぱっと浮かぶのはこれくらい。あとはまあ、ゲーム好き、くらいか。最近閉鎖してしまった吉沢ブログに神木くんが出てきたのはたったの1回だった。SHL2012の時期に「隆くんと」と題された2ショのオフショが1枚。これだけ。分かってたけどこの2人まじで付き合い無いじゃん…ってなるよね~~。わたしはなった。SHL2013の後、ハンサムに行かなかったことを死ぬほど後悔して、WEB上で確認できるあらゆる媒体をメンバー分洗い出して遡っていた時期があって、今思えばこの時に改めて突き付けられた本人たちによる自発的供給の圧倒的少なさ(むしろ本当に無い)に突き落とされてしまったのかもしれない…。兎に角、神木くんと吉沢さんは事務所の従来のコンビ売り出し芸とは全力でそぐわない方向に突っ走っているコンビだった。
そして迎えたSHL2014。ハンサムが10周年を迎えたこの年は神木くんを中心に据えたステージ構成で、途中ゲームやMCは挟めど全編歌って踊るライブショー。新曲の【Never Let Go!】では去年に続き2人のペアパートがあり、キービジュアルではセンターに君臨する神木くんの隣に当然のように吉沢さんが居た。パーティーをイメージさせるシチュエーションで撮影されたビジュアルブックの中でも同様に2人がセンター。吉沢さんの位置付けは、誰の目にも明らかに神木くんのシンメポジになった。ここで特筆しておきたいSHL2024公演当日を迎えるまでに露出のあった神木吉沢コンビ芸といえば、全わたしが沸きに沸いた「ビジュアルブック撮影オフショ事件」。これに尽きる。唯一にして最大の露出だった。言葉通り本当にこれくらいしか露出無かった。気になる人はストラボ東京でOKAWARI会員になろう!月額たったの540円(税込)でハンサムメンバーのわちゃわちゃが余すところなく観れるし何ならアミューズ箱推しになれるぞ!(ダイマ)
STOLABO TOKYO | ストラボ東京 オフィシャルサイト
簡単に言うと、神木くんと吉沢さんがペアで撮影している様子を収めたメイキング映像がやばかった。時間にして10秒程度のメイキング映像がやばかった。吉沢亮くんの頭のおかしさが振り切れていてやばかった(褒めてる)。そして、そんな吉沢亮くんの振り切れ具合よりも、何だろう、この2人ってやっぱりプライベートではそこまで仲良くないんだなってひしひしと伝わってくるような絶妙な気まずい空気感が正直堪らなかった。ぎゅんぎゅんした。わたしの中で2人の不仲説が確固たるものになった瞬間である。以降(いやこれ以前から不仲説支持者だったけど)、わたしは自信を持って2人の不仲説を提唱していくことになる。

 

◾︎SHL2014の神木くんと吉沢くん
さて、ここからはSHL2014公演中の2人の様子を紹介したい。オーラスはライビュ参加だったけれど、わたしは幸運なことに全4公演すべてを目に出来た。全公演で神木吉沢定点カメラと化していたわたしが自信を持って紹介する2人のギクシャクビジネス仲良し芸四天王を以下に記したい。


①ペアパートにおける絶望的なタイミングの合わなさ
神木吉沢コンビのお家芸。2人は前述の2曲以外にもペアパートを割り当てられているし、歌割がペアなだけではなく、ダンスポジションが隣同士だったりシンメの位置関係になることも多い。ドリタクを筆頭に仲良しコンビや歌割ペアパートコンビたちがバシバシ目合わせ芸や肩組み芸を披露してくれる中、神木くんと吉沢くんはというと、絶望的にタイミングが合わない。びっくりするくらい合わない。吉沢さんが神木くんと目を合わせようとする時、神木くんは吉沢さんとは逆隣にいるメンバーとわちゃわちゃしてるし、神木くんが吉沢さんの方を見る時、吉沢さんは大概客席にファンサしてる。合わない。驚くほど合わない。何故ここまで合わない。そもそも、他のコンビたちが手を伸ばせば相手に触れられるくらいの比較的近い距離感で歌っている中、神木くんと吉沢くんはアイコンタクト芸肩組み芸を完全に捨てたかの如く互いの距離を開け、パフォーマンスに集中している。いや客席を真っ直ぐ見据える君たちのことだいすきだけども!何故!こうも!合わない!!不仲!!なのかな!!好き!!!!!


②26日公演のクイズコーナーにて披露された呼び捨てとギクシャクハグ
ハンサムライブには毎度恒例ゲームコーナーがある。10周年アニバーサリーのSHL2014では過去公演をオマージュした演出が多く、このコーナーも「(誰々)に聞いた!〇〇〇なのはどのハンサム?」というSHL2011のゲームコーナーネタを採用したものだった。26日公演の問題は「巣鴨のマダム30人に聞いた!恋人にしたいのはどのハンサム?」。回答者には吉沢さんが選出された(回答者の正誤によってハンサムメンバーたちが所属するBar【EVER LAST】の存続可否が決まる(※4))。選択肢は神木くん含む(確か)4-5名。MC役のメンバーに回答を求められた吉沢さんは一言「う〜ん…やっぱり、、神木かな☆」と答えた。神木かな☆ わたしは精神的に膝から崩れ落ちた(?)。 え、そこで神木選ぶんだ?!てか呼び捨て?!神木のこと呼び捨てにしたの初めて聞いたぞ?!?!いやそもそも神木の名前を口に出すこと自体がレア中のレア事案なんだけど!!!その後「え、俺?!」っていうよくやるあのおとぼけ表情で自分のこと指差す神木くんベリーソーソーキュートだったね!!そんな表情を引き出した吉沢さんグッジョブだね!!!!大混乱だった。わたしの中のニャルラトホテプ様がうーにゃーしてた(?)。しかしこれは混沌の序章に過ぎない。だってこの2人、この後ハグするから。それも思いっきりぎこちないやつ。
事の次第はこうだ。吉沢さんの予想が見事的中し、巣鴨のマダムに選ばれたのは神木くんだった。この時、神木くんと吉沢さんはそれぞれ舞台の上下に分かれたポジション。お〜当たったじゃんすごいすごい!って穏やかにわいわいしてるお兄ちゃんハンサムたちの前を突っ切って、何故かステージの逆サイドに居る神木くんの元へ走り出す吉沢さん。そのまま神木くんをハグする吉沢さん。ん?!ハグ?!?!駆け寄った勢いのまま神木くんを抱き寄せたように見えた吉沢さん、よくよく観察すると直前で勢いを殺してとても遠慮がちにぎこちなくハグしている。神木くんはというと、突然のハグにびっくりしたのか困った表情でこちらもぎこちなく背中をぽんぽん。
しかもこの2人、パッとハグしてぽんぽんってしてサッと離れればいいのに、いかんせんタイミングが絶望的に合わない2人な訳です。遠慮がちにぬるっとハグしてしまったことでサッと離れるタイミングすら逃してしまったらしく、謎に数秒間ハグする。永遠の時のように感じたよ…。というか実際謎に数秒ハグしてしまった影響なのか最後の方会場もハンサムも「な、長ない……?」みたいな絶妙な空気になってた(当社比)


③毎公演欠かすことなく2人を繋いだ大天使山下銀次
アミューズには山下銀次という幼気な大天使がいたことをご存知でしょうか?銀次くんは踊れる天使です。高みを目指してアミューズから飛び立ってしまったほどダンスを愛する大天使です。そんな銀次くん、アミューズ所属後たったの2年でハンサムのステージに立った強者でもありました。名だたる先輩ハンサムたちに甘ったれた大胆行動を取っても笑って許される稀有な大天使なんです。神木くんと吉沢さんを繋ぐ架け橋的大天使です。俺たちの大天使山下銀次が大活躍してくれたのはアンコール曲【With You】。SHL2014の締めを飾るこの曲ではハンサムたちが1列にぎゅっと横並びして客席にまっすぐ相対して歌ってくれました。この時3人は下手サイドのポジション、上手から神木銀次吉沢の順で隣り合う配置。この曲では1番Bメロが神木くんと吉沢さんのペアパート。そんな2人に銀次くんが挟まれている配置を見た時はあ〜〜〜2人パートじゃなくなってしまったか…って正直少し落胆してしまった。それが、蓋を開けてみたら、なんだこの3人のわちゃわちゃっぷりは?!?!(大混乱) 歌パートに関してはDVDにも収録されている通り、3人でお顔を見合わせる可愛い瞬間が。それもこれも大天使銀次が2人とそれぞれお目目合わせてくれたおかげです。曲の1番と2番を繋ぐ間奏でハンサムたちが上下まるっとポジションチェンジするタイミングがあるのだけど、その時の3人のわちゃわちゃ電車ごっこが最強に天使の集いだった。DVD収録はオーラスだけど、28日昼公演以外の全ての公演で何らかの2人のアクションがありました。初日は特に可愛かった。下記初日レポメモ参照。

* With Youで吉沢銀次神木の順に並ぶ。銀次が神仕事により吉沢と神木の架け橋になる。3人で電車ごっこみたく足並み合わせて移動。銀次→吉沢、銀次→神木で銀次が笑いかけてにっこにっこにー。→吉沢が神木の方に身を乗り出してアピールからの笑いかける→神木気づかなかったのかな?特にアクションなかった気が…それかリアクションに困ってたか?→銀次 え?俺は?!みたいな顔で2人を見守る。更ににこにこ見守る→銀次神かよマジ推せる


④ライビュ会場で腰を抜かしペンラが手から滑り落ちるほどの衝撃を受けたお顔見合わせ肩組み芸
こちらはSHL2016DVDにも収録されているのでアミュクラさんなら周知の件だと思う。アンコール曲【Feel the Same】での出来事。それまでの3公演、絡みなんて本当に何も無かったんです。それなのに、オーラス公演、いきなり、どうした?!?!わたしは残念ながらオーラスだけチケットを取れずライビュでの参加となってしまったので、カメラが切り取った範囲のことしか分からない。ラスサビ前のペアパートを歌う賀来賢人くんと植原卓也くんが本当に楽しそうで楽しそうで、お兄ちゃんたちの楽しそうなお姿に多幸感で胸がいっぱいだったわたしの眼前に、突如2人の鬼寄り(※5)が映し出された。2人はかっけんとたっくんに負けないくらいにこにこ笑顔でお顔を見合わせ、それどころか肩まで組んでいた。これまでの2人の空気感を考えると現実に起こっていることとはとても思えなかった。スクリーン越しの世界なことも相まってますます現実味が無くて、でも確かに目の前には2人の肩組み鬼寄りが映ってる。ライビュ会場であまりの衝撃に手からペンラがすっ飛んだ(最前だったから誰にもぶつからなくて良かった)。同時に下半身が踏ん張れなくなって、人生で初めて腰が抜ける感覚を体験した。無理やり付き合ってもらったテニミュオタのリア友が隣に居なければ明らかにただ様子がおかしい人でした本当にありがとうございました。実際のところ、DVDでよくよく観てみると第三者の腕が吉沢の肩に回っているので、本当は少なくとも3名以上で肩を組んでいたようだ。因みに会場にいた友人からは公演直後に「神木から吉沢の肩に腕を回していた」との情報が共有されている。
因みにこのテニミュオタのリア友、大学で出会って以来もう5年以上の付き合いになる子で、ジャンルは違えど同じ界隈のオタクとして支え合って生きているので今後また登場するかも。因みにもう1人、ジャニヲタでエイターで丸ちゃん担な友人も居て、3人で異種格闘技戦のような推し可愛いしんどいマシンガントークに花を咲かせた大学生活でした。という余談。


【SHL2014総評】
至高かつ幻のパフォーマンスである、硝子の少年〜最も美しい背中合わせ〜に関しては、正直これについて書きたくてブログ開設したようなもんなので、追々1記事使ってじっくり書きます。
SHL2014は、コンビ売りという売り出し方に対して神木くんも吉沢さんも頭で理解はしていても体が上手く対応できないみたいな、戸惑いのような気まずさのようなものを両名から感じた年だったように思う。むしろ逆に、理解はしているけれど別にコンビ芸を実行するほどのことでもないし放置!…いやでも気になるどうしようどうすればいいんだろう、みたいな感覚もあったのかもしれないのかもしれない。神のみぞ知る。

リハ期間、神木くんは周りのハンサムにぐいぐい絡んで輪の中にいることが多かったようだけれど、対して吉沢さんはスタジオの隅で1人スマホゲームに興じることが多かった(リーク多数)。当時出演していたぬ〜べ〜チームで流行っていたクレヨンしんちゃんを只管走らせるゲーム(同時期わたしも弟と共にこのゲームに熱中していた)クラッシュロワイヤルにハマっていたらしい。確か。(※この記事を書くにあたってソース掘り起こしてないから間違えていたら申し訳ないです。) いや〜この2人本当に絡まないんだな、と思わせておいて、一転、公演期間中のオフショを収めたアフターブックでは、ハンサム直筆の巨大寄せ書きボードを眺めながら何やら談笑する2人を写した写真が載っている。この写真を見た時、オフ(※厳密には2人にとっては仕事中だが)で2人が談笑する機会があることが割と本気で意外すぎて驚いた。自分の中でどれだけ2人の不仲説が染み付いてるのかよくよく理解した瞬間だった。

公演期間中、本来なら沢山絡む機会があった筈の2人は必要以上にコンビ芸を見せてくれることはなかった。いや、わたしにとっては、先述のような、タイミング全然合わないくせにそれでもお仕事だからって頑張ってビジネス仲良し営業ファンサしようとするも尽く不発に終わるという事態それこそが堪らなく愛おしいコンビ芸だった。でもこれは一般的な定義に当てはまるコンビ芸とは言えない…。こうしてわたしだけが楽しい不仲説を盛り上げてくれたかと思えば、ハグしてみたり自発的に肩を組んでみたり、ハンサムライブという年末で無礼講なお祭りの空気感に当てられて勢いのままにお互いに絡みに行く姿も見ることができて、まるで友達になりたいと気になっている相手との距離感を測りかねている中学生男子を見守っているような気分を味わうことも出来た。むずむずした…!

 

◾︎総評:神木くんと吉沢くんというコンビ(〜2015)
2015年はハンサムライブが無かったので特筆すべきことはないので省略。(個人的には、ハンサムDVDの発売前上映イベントにて最前ドセンを引き当て、更にその回の登壇ハンサムがまさかの神木くんだったという奇跡的エピソードがありますがこちらも省略。しかもDVD2枚しか買わなかったのに2枚とも上映イベントに当選したというエピソードもあるけれど以下略)
神木吉沢大革命以前の2人は、ここまでで散々書いたように、知名度が高い故にコンビとしての露出を求められたけれど当人たちにプライベートでの親交が然程無かった点、対外的な場でのテンポ感・空気感にズレがある点などから生じたコミュニケーション不足によって、「いきなりコンビって言われても…」みたいな絶妙に気まずい空気感が流れていたように思う。勿論、決してお互いのことを嫌いな訳ではない。だからと言って仲が良い訳でもない。男、同級生、同じ事務所、役者、映像での仕事が中心、このように近しい属性を持ちながらも常にどこか遠い距離に居た2人。チームハンサムという枠組みの中でコンビとしての露出を求められ、役者なのにアイドルさながらのコンビ芸を期待され、しかも相手は普段から決して親交があるとは言えない相手だった。それでも仕事だからと頑張って仲良しアピール営業ファンサしようと努力する2人がわたしは愛おしかったんですよ。絶望的にタイミングが合わない2人が愛おしかったし、そんな2人が稀に起こす(※全4公演通しても2回とかのレベル)奇跡的にタイミングが合ったコンビ芸ファンサが愛おしかったんですよ。
このように、わたしは神木くんと吉沢くんの不仲説が自分の中での定説で、そんな2人だからこそ2人のことをコンビとして好きになった身なので、これが覆されることは無いと信じていた。2015年までの神木くんと吉沢くんしか知らなかった過去のわたしに教えてあげたい。熱を上げて推しているその不仲説、2016年には公式との解釈違いになるよ、と。

 

そして話は2016年へとつながっていきます。本当は次の記事にて2016年8月31日から公演前までの2人について書く予定だったんだけど、DVDが発売される前に何としても全公演の覚書を記録しておきたいから、一旦レポを先にまとめようと思う。だってDVDが発売されてしまったら、わたしの記憶が都合の良い解釈をしていたことが明るみに出て、わたしにとっての「ハンサムライブの思い出」(※ただし妄想捏造)が一生陽の目を見ることなくお蔵入りになってしまうので。それは何となく勿体無い気がする。
因みに「神木くんと吉沢くんというコンビ」は、全3章になる予定です。もしかしたら4章の可能性もあるけれど。本当はこの1記事でまとめようと思っていたのだけれど恐ろしく長くなってしまうので断念。また次の機会に。


最後になったけれど、この記事に書かれていることは、言ってしまえば「神木吉沢不仲説」が大好きだった過去の自分という色眼鏡を何重にもかけたコンビ厨による妄想捏造です。事実とは異なる記述に溢れているかもしれませんが、ハンサム新規の上に頭が残念なキモヲタコンビ厨が書いたんだなとご容赦いただけますと幸いです。

 

 

 


(※1) 今すぐアスマートでTHE GAME 2010をチェケラ!
ASMART | DVD DVD「THE GAME ~Boy’s Film Show~2010」
ところでTwitterでもぐじぐじ言ってますが、最近は〇〇世代って名乗るアミュクラさんを見かけなくなってしまって寂しいです…。今は〇〇(生まれ年)lineっていうのが主流なんですね。

(※2) 詳しくはWikipedia先生まで

(※3)アミューズ事務所に所属するアーティストのファンの総称であり愛称。類語:ジャニヲタ

(※4)とりあえずDVDを観よう!意味が分かるぞ!(ダイマ)
ASMART | チーム・ハンサム! CD・DVD 復習DVD「BOYS, BE HANDSOME!!!」

(※5)ただの寄りよりもっともっと寄った画のこと。詳しくは下記URLをチェケラ
ASMART | 2012グッズ “鬼寄”クリアファイル/神木隆之介

応援スタンスのお話


3次元追っかけてる身としては、はてなブログといえば!な標題のネタは是非やってみたかったのです。併せて推し遍歴も書き溜めていたのだけれど、気持ち悪い長文が出来上がったのでザックリ削除。筋金入りの懐古厨だから何でもかんでも懐古して長文で語り始める割に話が全く進まなくなっちゃって駄目だった…。
サクサク応援スタンス投下してきます〜。したためるに当たって下記参考にさせていただきました。ありがとうございます!
舞台俳優応援スタンス〜地方在住20代社会人の場合〜 - 妄想8割
舞台俳優応援スタンス/愛とはつまりお金です - ポンコツ女の大行進

 

◾︎基本データ
・この春から社会人2年目の20代前半
・クリエイティブ系のお仕事
・都内在住、1人暮らし。実家は地方ド田舎

 

◾︎推し
神木隆之介
今現在本当にゆるオタでお金も大して落とせてないし現場に足運んでもいなくてただの在宅になってるから推しと称するのが心苦しくて仕方がないのだけれど。この辺を突き詰めていくと病むので掘り下げず…
追っかけ全盛期の頃の推しは某自転車舞台の某役者。ざっくり週1で現場行ってました。

 

◾︎好きになる基準
・魂削って芝居してる人(努力を見せない人より、こちらが心配になるくらい魂削って努力してるのが伝わってくる人の方が好きになりやすい)
・自己管理能力が高く、自分自身が商売道具だという自覚と覚悟がある人(特に舞台界隈の子。パパラッチに張り付かれてる訳でもないのにカノバレ炎上するような自己管理能力の無い子は今後に希望が持てない)
・お互いにビジネスだと分かってる上で、それでもファンに夢を見させてくれる人
・色々な役柄を演じさせてもらえる人
・30歳以降も生き残ってそうな人
こうして挙げていくと舞台界隈で培った闇と捻くれが遺憾なく発揮されるラインナップになってる…。というか神木くんとチームハンサムが特例なだけで基本的な思考の軸が舞台畑のヲタクだから、舞台界隈で推したいと思える役者さんの基準かもしれない。
お顔立ちに目立った傾向はないけど、正統派イケメンを推したことはないかなあ。そして顔が濃い人はまず好きにはならない。

 

◾︎雑誌を買う基準
大きく分けて基準は3つ。
・その時の出演作品
・ビジュアル
・活字の内容
どれか1つでもピンと来たら買う。

推しが表紙なら問答無用で買います。

 

◾︎映像を買う基準
神木くんは出演作品が膨大なので、基本的にどうしても手元に残したいと思った作品のみ買います。そもそもお芝居を観るスタンスとして、推し云々関係なしに生で観るのが一番だと思っているので、映像作品はいくら推しが出ていようと購入に踏み切るまで時間をかけて悩んでしまう。逆に舞台のDVDは割とぽいぽい買う。少しでも気になったら推しが出演していようがいまいが買う。そういう意味では神木くんの出演作品の円盤保持数はかなり少ない。

 

◾︎現場に行く基準/遠征する基準
神木くんは映像畑の人なので、基本的な現場というと映画の完成披露イベントなどになります。が、完成披露イベントは映画公開日との兼ね合いで往々にして平日開催が多い。社会人には厳しいです…。その代わり、所属事務所アミューズの関連イベントはスケジュールが許す限り全通を目指す。ハンサムとかハンサムとかハンサムとか。有難いことにアミューズとは相性が良くてチケットを外したことが殆どないので、希望した現場はほぼほぼ行きたい数だけ参加できてるかな、と。
舞台界隈で追っかけしてた時は全作品全イベント2公演は行くようにしてました。
遠征はしない主義です。と言うとかっこつけて聞こえるけど、単純に遠征に回すお金がもったいないだけ。それなら東京の現場の数を増やしたい。わたしは不自由なくオタ活するためにド田舎から上京してきた人間なので、折角東京に出てきたのに地方に飛ぶのが悔しいというアホみたいなプライド(?)が遠征に憧れる心を妨害してくる。

 

◾︎グッズを買う基準
まず作品に関して言及すると、舞台/映像に関わらずパンフレットは必ず買います。お写真も1セットは買うな〜。
個人で出してるカレンダー写真集その他に関しても必ず買う。因みにハンサムライブではお布施だと思ってグッズは一通り買ってるかも…(お写真は欲しい子のみだけど) 当日現場で着ないくせにTシャツも買っちゃう。勿体なくて部屋着にも出来なくて結局クローゼットの奥底に眠る運命だと分かってるのに買う。

 

◾︎プレゼント/手紙
プレゼントは買わない主義です。というとかっこつけて聞こえるけど(2回目)、単純にプレゼントに回すお金が勿体無い…。それなら推しの現場にたくさん入りたい。自分の欲望最優先のドケチ野郎です自覚してます。ドケチ野郎なのもあるけど、何をプレゼントして良いか分からないし推しに手紙以外の形あるものを贈りたくないっていうのもある。とは言え見知らぬ人から消えもの貰っても怖くて手をつけられないだろうから消えものを贈る気にもなれない。スタバカードくらいしか思いつかない…! 結果、わたしは手紙のみです。お金は全力でチケットとグッズに回す。お手紙は事務所に送ったことはないなあ。現場に入る時は出来るだけ書くようにしています。多ステする時は、例えば初日と千秋楽とで2通書いたり。そして65%の確率でお手紙を預け忘れて帰ってくる。馬鹿野郎!!書いたものの届けられなかったお手紙が自宅にわんさかあります。辛い。

 

◾︎同厨
歓迎です!!!と、最近までは思っていました……。だが指摘されてしまった。わたしは同厨回避型らしい。
最初にこれだけは言わせてほしい!一緒にお話ししたり、現場でのことを共有したり、同厨さん基本だいすきです!!いつもお世話になっております!!! でも確かに繋がっているフォロワーさんを見返してみると同厨さんそんなに多くない…むしろわたしが神木隆之介の永遠の相方と言って憚らない吉沢亮のオタさんが圧倒的に多い……!割と衝撃だった。
結論、仲良くなれる方とはなれるし仲良くなれない方とはなれない。単純な一般論。もはや同厨云々関係ないね。
と言いつつ、正直なところ本当は同厨回避に対して心当たりはある。恐らく一番の原因は、好きの共有/共感のストライクゾーンが激狭いから。兼業している(というかわたしのオタク精神の原点である)2次元界隈でしこたま解釈違い戦争に巻き込まれてきたせいで解釈違いに敏感なんです…解釈違い戦争は本当に血で血を洗う戦いだから……。同様に、応援スタンスというか「ファン」の定義が自分の中で確立していて、そこにハマらない方を回避する傾向にある。心が狭いわたしのせいで相手に不快な思いをさせたくないし、逆にわたしも心をすり減らしたくないから。応援スタンスは十人十色でしかるべきだと分かってるけど、その上で、お互いの為にならない無用な負担は避けた方が良いんじゃないかと思ってる。
クソみたいに心が狭い話をしたけれど、勿論同担拒否ではないので、今繋がっている方とは変わらず仲良くさせていただきたいし、今後も気になる神木オタさんに出会えたら是非是非お近付きになりたい!繋がっていてもいなくても気軽に話しかけていただきたい!神木についてのお話に付き合って下さる方年中無休いつでも大歓迎です!よ!!我が儘で心の狭い駄目なオタクですが見捨てないでください!どうかどうか今後ともよろしくお願いいたします!!

 

◾︎応援スタンス総評
わたしのスタンスとして絶対にぶれないのは
「ファンとはいかに公式にお金を落とすか」
この一点のみ。
ファンと名乗っていいのは公式にお金を落としている人間だけだと思ってます。クソみたいに心が狭いオタク…。
これはわたしが自分に対して絶対に譲れないポリシーではあるけれど、だからと言って人に強要するものではないと考えています。わたし自身は「学生だからお金が無い」とか「社会人だから時間がない」とか、そんなの向こうからすればどうだっていいことだし向こうにはそんな事情は関係のないことだと思っている。だから、お金を落とさない理由/現場に来ない理由にはならないと思っている。でもあくまで趣味は趣味だし、自分を追い詰め追い込んでまで続けなければならないものでは無い訳で。それぞれ自分の思うままに自分のやり方で応援するのが1番。

わたしの追っかけは、金銭とメンタルを追い込んで自分で自分の首を絞めるのが7.5割、妥協した自分を正当化して甘やかすのが1.5割、残りの1割で推しが見せてくれる夢を見る。
(そしてある日突然3歳児まで退化して、10割全開頭空っぽ盲目お花畑期間がやってくる)

クソみたいに心が狭くて自分で自分の首を絞める系オタクなわたしは、自分の現状が情けなくて情けなくて…今の自分に呆れ果ててます。スタンスに言動がまるで伴ってない。現場に行けない分円盤やグッズや雑誌を買ってはいるものの、仕事を理由にして現場に全然行ってない。WEBで情報追ってるだけの、自分が一番なりたくないタイプの在宅に成り下がってる…。こんなの追っかけてるって言えない…ファンと名乗るの恥ずかしいし申し訳ない……。
こういう業界で働いてるからっていうのもあるけど、確かに仕事って忙しくて、終電乗れなくてタクシーで帰って家には仮眠しに帰ってるだけみたいな状態が続くこともままある。休日が潰れることもある。社会人になると本当に時間取れないっていうのを身を以て実感しました。でも!自分にとっては!現場に行かなくなったらそれはもうファンと名乗る資格がないんだよ!!

 

これまで通りのやり方で自分のポリシーを貫き通すか、柔軟な考え方を覚えて(悪く言えば妥協して)生活に見合ったスタンスに変えるのか、今がまさに選択の時なんだと思う。

 

6年ぶりにブログ

 

登録してみました。

 

このところ仕事が忙しく、家と職場の往復ばかり、家もただ仮眠を取るためだけに帰るような状態で、趣味に身を投じることが困難な状況でした。何でもいいから仕事以外のことを、つまり趣味に思考を巡らせそれをアウトプットしたくて堪らなかったのです。

社会人になってからなかなか現場に行けずすっかりゆるオタになってしまったけれど、ゆるオタなりにゆるゆる記録を残します。

文字に起こしてブログにする時間が作れなかっただけで書きたいネタ自体はevernoteに書き溜めてるので、仕事が少し落ち着いた今のうちにガシガシ形にしていくぞ〜い。

 

どうぞよしなに。